space
space space space
見出し space
会長
前橋東ロータリークラブ
2018〜2019年度 会長
釘島 伸博

 

 本年度(2018-2019)国際ロータリー、ラシン会長のテーマは、Be the Inspiration「(他の人にとっての)インスピレーションになろう」です。

 その趣旨は、ロータリークラブが、地域社会の変革を求めて行動に向かわせる原動力、創造的刺激、発奮剤になろう、リーダーシップを発揮しようというものです。

 上記ラシン会長の方針に基づき、本年度国際ロータリー2840地区の宮内敦夫ガバナーは、「クラブを元気に,世界に奉仕を,みんなで回そうロータリーの輪」というテーマを掲げられました。そのためには、まず「会員を増強(地区目標は純増5%)」し、「親睦」を図り、「元気で楽しいクラブ作り」を基に、「地域社会や世界のニーズに応えた奉仕活動」をして、ロータリーの公共イメージと認知度を向上させていくことです。

 日本民族は、大和民族と言われるように、古(いにしえ)より「和」をもって尊しとなす民族です。そこで当クラブは、今年一年間、「調和」に基づいた「感謝」と「奉仕」を「愉しく」行うことといたします。

 ロータリーの存在意義は、地域社会に奉仕することにあり、社会に奉仕するロータリー活動は、自己形成の場でもあります。

クラブを活性化し、魅力あるクラブを作るためには、会員各自がクラブ活動を通じて自己形成していくことが大切です。

 我々ロータリアンは、各自の立場で、「インスピレーション」になり、かつ「世界に奉仕をする行動人」を目指しましょう。


本年度の当クラブの主な数値目標は次の4つです。

・会員増強:クラブ会員数の5%増が地区目標ですが、当クラブは1割増を
 目指します。

・ロータリー財団寄付150ドル以上

・ポリオ寄付30ドル以上

・米山奨学金寄付16,000円以上

 


 

先頭へ
Copyright (c) Rotary Club of MAEBASHI EAST All Right Reserved.