space
space space space
見出し space
会長
前橋東ロータリークラブ
2017〜2018年度 会長
足立 進

 

 今年度、会長を仰せつかりました足立進です。
 私が前橋東ロータリークラブに入会したのは平成元年9月のことでした。時代はバブルの真っ最中で、経済ばかりか社会的にも右肩上がりであり、国中が自信と活気に満ちていました。その後、バブルが崩壊し、掌を返したように厳しい状況に直面したことはご承知のとおりですが、時代の転換は止むことを知らず、進みつつある社会の高齢化、少子化や国際化の波が否応なく私たちの身の回りに押し寄せており、ロータリーの前に示される道も決して平坦とはいえません。
 本年度の国際ロータリーのイアン・ライズリー会長は「ロータリー:変化をもたらす」というテーマを掲げました。これはロータリーが、地域社会に変化をもたらす有益な社会資源であること、また、奉仕活動を通じてロータリアン自身も成長・変化することを示すものですが、ロータリーが岐路に立つ今、時代の流れを読み取り、それに即応する気構えなくては変化についていくことはできません。また、第2840地区の田中久夫ガバナーの掲げる地区運営方針「ロータリーのある人生を誇りにしよう」は、時代や社会の変化に負けないロータリアンの奮起を促すものといえます。

 ロータリーは、様々な分野をリードする職業人の集まりです。このため普段の仕事では触れることのない知識や経験、物の見方を例会や会員との交流を通じて得ることができ、また、奉仕という目的のために共に力を合わせて活動することで、仲間との友情や連帯感、そして自身のさまざまな気付きを得ることができます。これこそロータリーの醍醐味です。
 ロータリーは、20世紀の初頭、営利優先の風潮が席巻していたアメリカ・シカゴの街中に生まれ、奉仕を実践することで大きく育ち、今では世界中に拡がっています。世のため人のために尽くしたいという思いは、洋の東西を問わず共通しており、時代を越えて変わらない輝きを持ち続けます。
 私たち前橋東ロータリークラブは、この歴史あるロータリーに連なる名誉を実現するために、クラブをさらに充実させ、地域社会に価値のある奉仕活動を提供したいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

今年度の主な目標:より魅力あるクラブ作りをしよう。
会員増強をして仲間を増やそう。
地区の目標を超える寄付をしよう。

 


 

先頭へ
Copyright (c) Rotary Club of MAEBASHI EAST All Right Reserved.